2011年12月25日

多重録音に必要なもの

MTR(マルチトラック・レコーダ)があれば多重録音が出来ると前回書きましたが、他にもいろいろと装備は必要となります。 

MTRは8トラックであれば2〜3万円程度からありますが、私はBoss(Roland)のBR-800を使っています。4万円少々だったでしょうか。 8トラックといってもこの機種の場合同時4トラック録音可能で、トラック5/6、7/8はフェーダが共有なので、TR1〜4で録音したものをTR5〜8にコピーするような使い方になります。
・BR-800の写真 → Boss-BR800.jpg
メーカサイト

他にもメーカとしてはTascamやTEACなどがあり、トラック数や必要な機能などで選択すればよいと思います。

マイクはShureの楽器用マイク(7000円程度)を使っています。 これは優れもので、直近でFFで吹いても音が割れません。 マイクスタンドがあればベストですが、別に机や棚、ケースの上に置いていても録音は出来ます。

ラッパの音は大きく、また録音するには他の雑音を遮断する必要がありますので、通常多くの方の場合スタジオや練習場などの防音設備の整った場所を借りる必要があります。

posted by らっぱ〜1号 at 17:12| Comment(0) | 録音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。