2012年01月19日

数原 晋さま(2)

先回お届けしました金曜ロードショーのテーマ曲「Friday Night Fantasy」、やはりお口直しには数原先生のお手本で、ということで、YouTubeよりご紹介します。





やはりいつ聴いてもすんばらしいです。 このように吹けたらいいなと、これを目指して今後も精進したいと思います。



posted by らっぱ〜1号 at 00:00| Comment(0) | アーティストネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

数原 晋さま

先回、私『らっぱ〜1号』の影響の受けたトランペット・プレイヤーとしてMaynard Fergusonについて触れましたが、私の中でもう一人『神』とあがめるのがこのお方、数原 晋(かずはら すすむ)様です。

この方はまず何を置いてもその音色が素晴らしいです。 まさに惚れ惚れしてしまう華やかな、それでいて深みのあるよい音色でございます。 またフレーズの歌い方やタメがまたまたシビレるのでございます。 皆様も必殺仕事人シリーズやルパン三世シリーズ、前回アップしました「はぐれ刑事純情派」、宮崎アニメ(特にラピュタの『ハトと少年』)、少し前までの「金曜ロードショー」のテーマ曲と言えばご存知ない方はおられないのではないでしょうか? その他にもいろんなアーティスト(杏里、山下達郎、その他数えられない位...)のアルバムなどに参加されておられますよ。 まさに日本最高峰のトランペット奏者だと思います。

数原さんはNew Sounds in BrassでもゲストSoloプレイヤーとしてもお馴染みでして、数多くの素晴らしいソロを吹いておられます。(先出のジャパニーズ・グラフィティ]T「刑事ドラマ・テーマ集」をはじめ、ジャパニズ・グラフィティ・シリーズは基本的に数原先生のソロが多いようです)

いつもこのような氏の演奏を聞きながら、いつかは同じような音色で、ニュアンスで、音域で吹けるようになるぞ!と心に誓うのでありました。 そして、このようなモチベーションが無いとラッパの演奏技術も向上しないのだとも思うのでした。 前回の「はぐれ刑事純情派」もそうでしたが次回作品もそんな数原先生のレパートリーからもう一つチャレンジしてみたいと思います。
posted by らっぱ〜1号 at 23:35| Comment(0) | アーティストネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

メイナード・ファーガソン(2)

今回はお口直しとしてメイナード・ファーガソンのバードランド(ライブ動画)をお届けします。



いくつか動画はありますが、これが一番オリジナルに近いと思います。(TPセクションの音がよく拾えていないですが)

ここでエリック宮城さんがMFバンドメンバーとして競演されている映像がありますので併せて紹介しておきます。(ちなみにエリックさんは過去にMFバンドやバディー・リッチ・バンドなどにも所属されていました)



posted by らっぱ〜1号 at 01:53| Comment(0) | アーティストネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

メイナード・ファーガソン

昔、「アメリカ横断ウルトラクイズ」なるTV番組が毎年秋にありました。 福留アナの「New Yorkへ行きたいか〜!罰ゲームは怖くないか〜!」というフレーズでお馴染みの番組です。 そのオープニング・エンディングに流れるトランペットの曲がとてもカッコ良くて何という曲なのだろうとずっと思っていたのですが、当時はインターネットもなく大学生の頃になってようやくその曲やアーティストが判ったのでした。

その曲はかのハイノートで有名なメイナード・ファーガソンの「スター・トレックのテーマ」で、CBS SONYからの「征服者~ロッキーのテーマ」というタイトルで発売されていたアルバムの3曲目でした。

→ジャケット写真
征服者〜ロッキーのテーマ.jpg

Amazonのサイトへのリンク

メインテーマの部分が分厚い低音で奏でられていて、それだけでも非常にシビれるのですが、フルートソロをはさんだ2回目のフレーズでは後半が丸々1オクターブ上で演奏されていたのです。 それも細い硬い音ではなく、これまた分厚い音色のままであり、まさに衝撃的でした。 その時からメイナード・ファーガソンは私の中では「神」となり、勿論このアルバムは殿堂入りです。 それとともに「いつかはこんな演奏の出来るプレーヤになりたい」と固く誓ったのでありましたが、そちらの方は残念ながら未だに遠く及んでおりません。。。泣

以降メイナード・ファーガソンのアルバムは20枚近く所有していますが、これまた残念なことに数年前に他界されています。 90歳までラッパを吹かれていたというのもスゴい話でそうありたいものです。 ちなみに先出のアルバムにはこれまた有名な「ロッキーのテーマ」も一緒に収められています。(というかタイトルからもこちらがメインなのでしょう) ロッキーのテーマと言えば数年前のNew Sounds in Brass(吹奏楽)にも同名の曲がありますが、このMFバンドのものをベースにアレンジされたものです。
posted by らっぱ〜1号 at 01:10| Comment(0) | アーティストネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。