2012年03月03日

伴奏データについて

久々に録音のやり方の説明に戻ります。

先日は(といっても随分前ですが)録音のハードの話をしましたので、今回は伴奏について説明します。 最初の数ヶ月の間はキーボードを手で弾いて多重録音することで伴奏にしていました。 子供が何年か前にサンタさんに貰ってしばらく遊んだ後、あまり活躍していなかったキーボードがあったのです。 ただ残念なことに買うと1万円ほどのカシオ製のキーボード(しかもミニ鍵盤)なので、当然のことながら音が非常にショボいw...(一応50種類ほど音色はあるんだけどね) でもこのキーボード、なんとMIDI端子がついていました。 このクラスにしては実に驚異的なパフォーマンスです。 

そこに目をつけて、昔遊んでいた「ミュージ郎55」(なつかしすぎる響き...)の音源であるローランドのSC-55mk2を引っ張り出してきました。 


PC9801時代の歴史的な代物ですが、MIDIケーブルで繋いでみるとちゃ〜んと音が出るではないですか。 すんばらしい★ これでショボいカシオトーンの音色が数段グレードアップしました。(値段も5倍以上なので当然と言えば当然か?)

最初の3曲ほどはこのようにして自分でキーボードを弾いて伴奏を作りました。 ところがそこは素人の悲しさかな、前提となる技量がショボいのでなかなか思うようになりません。(昔エレクトーンを2年ほど習った程度で、しかも既に風化して錆び付いてしまっているので当然ですが) 

そこで、やはりDTM(Desk Top Music)つまりパソコンに音楽を演奏してもらうことにしました。

元々このミュージ郎の音源はPC98で使っていました。 PC98とDOS/Vではシリアル通信のコネクタ形状が異なるので最近のPC(つまりDOS/Vタイプ)に繋ごうとすると別のケーブルが必要となるのですがネットでもなかなか見つかりません。 そこでUSB-MIDIインターフェースなる物に頼ることにしました。 これはその名の通りUSB経由でMIDI信号の送受信を行うもので4000円程度で売られています。 ミュージ郎なのでRoland製がよいかもしれませんがYAMAHA製の方が安かったのでそちらにしました。 動作上は別に問題ありません。

次はソフトです。 要はMIDIデータを編集・再生できればいい訳ですから、ひとまずはフリーソフトで探してみることにします。 するとなかなか良さげなソフトを見つけることが出来ました。 「Music Studio Producer」といいます。
Music Studio Producer へのリンク

どうもジャンル的にはDAW(Digital Audio Workstation)というMIDI演奏のみでなく録音、編集も全て出来る統合ソフトのようですが、私の場合は録音には既にMTR(マルチトラック・レコーダ)がありますので餅は餅屋に任せることとします。(というか、MTRはレバーとボタンで直感的に操作できるので扱いやすいのです) このソフトはなかなか良く出来ており、いろいろなイベントコントロールやエフェクトなども制御出来て、昔のミュージ郎のソフトなどと較べてもはるかに高機能で重宝しています。 それがフリーな訳ですからこんな素晴らしいことはありません。 まだ機能の一部しか理解出来ていませんが、それでも充分に素晴らしいソフトだと思います。

そういう訳で、このソフトを使ってネットで過去にダウンロードしていたMIDIファイルを再編集したり(今の所これが大半ですが)自作したりしたものをミュージ郎の音源で演奏させて伴奏を作っている訳です。 近々、自作伴奏の曲もUp予定ですので乞うご期待!?



posted by らっぱ〜1号 at 01:43| Comment(4) | 録音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

録音の進め方

演奏している曲についてですが、伴奏はMIDIファイルできちんと各パートを作成・修正しないといけないのですが、ラッパパートについては実は楽譜は作っていません。 最初に取り掛かる際に大まかな構成を考えてスタートしたら、後は結構やっていきながらその場その場でひらめきを形にしたりテストしたり、と柔軟にやっています。

1曲完成するのにかかる時間は最初の頃は結構試行錯誤とかやり直しが多くて時間がかかっていました。 毎週末に少しずつ録り直したりして修正してゆき2ヶ月程度かかっていたと思います。 最初に伴奏を録音し、それに合わせて1番パートを一通り入れてみます。 その後、それに合わせて2番・3番と順に重ねていったりします。 一通りのパートが入ったらタテやピッチが揃っていない部分を細かく部分修正してゆきます。

中でも難しいのは音色と高音部です。 素人の悲しさか、吹いているとその日のうちでもバテてくると音色が変わりますし、高温パートは元気のあるうちにしか吹けません。 また日が変わるとマイクやレコーダのセッティングが変わってしまうので、なかなか同じような音色やボリュームを再現するのも難しいものです。 それでも最近は少し要領がよくなってきて2〜3回程度の録音でそれなりに仕上がる感じになってきました。 まだまだいろいろ挑戦してゆきたいですね!!

posted by らっぱ〜1号 at 18:01| Comment(0) | 録音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

多重録音に必要なもの

MTR(マルチトラック・レコーダ)があれば多重録音が出来ると前回書きましたが、他にもいろいろと装備は必要となります。 

MTRは8トラックであれば2〜3万円程度からありますが、私はBoss(Roland)のBR-800を使っています。4万円少々だったでしょうか。 8トラックといってもこの機種の場合同時4トラック録音可能で、トラック5/6、7/8はフェーダが共有なので、TR1〜4で録音したものをTR5〜8にコピーするような使い方になります。
・BR-800の写真 → Boss-BR800.jpg
メーカサイト

他にもメーカとしてはTascamやTEACなどがあり、トラック数や必要な機能などで選択すればよいと思います。

マイクはShureの楽器用マイク(7000円程度)を使っています。 これは優れもので、直近でFFで吹いても音が割れません。 マイクスタンドがあればベストですが、別に机や棚、ケースの上に置いていても録音は出来ます。

ラッパの音は大きく、また録音するには他の雑音を遮断する必要がありますので、通常多くの方の場合スタジオや練習場などの防音設備の整った場所を借りる必要があります。

posted by らっぱ〜1号 at 17:12| Comment(0) | 録音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。